台湾関係の読書

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
例の雑誌向けの原稿を書かないとまずいなー、とか思いつつ今日も読書に勤しんでしまい、まとめ買いしていた台湾研究用の本、とうとう読み尽くしてしまいました。大体 3 週間位掛かりましたかね。以下、読んだ順に。

  1. 台湾人と日本人 (→ Amazon)
  2. 台湾に生きている「日本」 (→ Amazon)
  3. 街道をゆく 40 台湾紀行 (→ Amazon)
  4. 台湾人と日本精神 (→ Amazon)
  5. 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論 (→ Amazon)
  6. 台湾—四百年の歴史と展望 (→ Amazon)
  7. 台湾—変容し躊躇するアイデンティティ (→ Amazon)
  8. 現代台湾を知るための60章 (→ Amazon)
台湾を研究しようと思った切っ掛けは、台湾人の O さんから聞いた、彼の受験の話。当時の学校教育では、台湾島の事なんか殆ど無視で、大陸の事ばっかり教わったんだそうで。しかもそれって国民党時代の大陸の話だったりして、故に今は残ってない鉄道の名前だとか、今は変わってしまって通じない当時の都市名だとか、そういうのを暗記させられたそうです。皆んなが「これは無駄だなー」って分かっててやってた、っていうんだから大らかですよねえ。

尤も、それは彼が子供だった頃の話 (1980 年代) で、現在は全く違うんだそうですがね、僕はこの話を聞いた時、眉間を金槌でパコーンって叩かれた気がしましたよ。台湾で働きたいとか言ってるのに、台湾の事を何も知らないなんてまずいな、という。それでちょくちょく時間を作っては、本を読んできたのでした。

でもね、腑に落ちてない事が一点あって、それは蔣經國の変心について。彼は白色テロの黒幕中の黒幕だった筈なのにね、晩年は何故あんなにあっさりと台湾指向に変わったのだろう ? 上で挙げた中では、一部の本でちょっとだけ触れている物もあるのですが、単に「中国国交正常化の煽りで変心せざるを得なかった」みたいなまとめ方してるし、ホントかよ、というね。この件はこれからの研究課題ですね。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です