残業ができないなんて

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
ここ一年位は機材の関係でずっと現場が続いているのですが、交通費の清算だとか、業務報告だとかの為、たまーに自分の会社へ帰る事が有ります。で、今日はその日だったのでして、久々に出社しました。

出張が長く続いているせいで、僕の事務机は他の人が強引に借りてしまっており (これは横取りされたと言うべきか) 、座る所が有りません。酷い話だ。

行ってすぐに用事は終わったのですが、今日は資料読みするつもりだったし、今から現場へ移動するのもツラいなー、と思い今日は会社で仕事をする事にし現場へ連絡。そして席の無い僕は、休暇で不在の室長の椅子で仕事。

で、ね。

定時になったのですが資料が読み切らなかった為少し残業する事にし、外でご飯買って帰って来たら…あんた、皆んなもう帰るっていうじゃない。いやー、こういうのは一昔前なら「健康的な職場ですね」の一言で片付けられたのだろうけれども、こと勤務先に限ってそんな健康的な仕事の仕方をしてた人なんて過去これっぽっちも居なかった気がするので、この直接の原因は不景気なんだろうなあ。怖いなあ。

僕は会社の鍵を持ってないので、残業はできず、今日はしぶしぶ皆んなと退社。仕事は明日へ持ち越し。困るねえ。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

5件のコメント

  1. 気持ちわかります。でも、欧米じゃ、ふつうに家で夕飯食べられてるんですよねえ… ライフ&ワークバランスって、むっずかしいっすねえ。でも、仕事したくてできる環境、それは本望ですね!

  2. >しみやんさん

    そうそう、全くそう思います。危ないかも、じゃなくて、危ないですね。

    僕にはどうも、「上が決めた方針が変だって分かってて従いつつ」も「でも不満が溜まるから飲み屋でグチる」という人の心理が理解できなくて。

    方針が変なら何が変なのかを具体的に説明して「だから僕は従わない」とはっきり主張すれば良いのだし(場合によってはその責を負う必要は当然有る)、不満を溜める前に徹底的に議論をして解決に努力すれば良いと思うんですけどね。僕はもう 10 年もそんな感じで仕事してるんだから、誰にでも出来ると思うのだけれど。その方が人生簡単、気分スッキリ、ハッピーハッピーじゃない。ねえ。

    まあ相対性理論的には、僕が「相対的に」浮いてるのでしょうけれども。最近は否定はしませんよ、ええ (^_^;;

    そうそう、本社で最近始まったのだそうですが、毎朝手拍子に合わせて皆んなで社是を連呼するという、誠にけったいな朝礼を実施しているそうです。それで儲かるってえんなら僕も百回でも千回でも連呼しますけどね、絶対そんな事無いって (そもそも僕は朝礼自体へも同じ考えですが) 。僕は分室だから直接関係無いのだけれども、この話聞いたらもう、可笑しくって、可笑しくって

  3. >芋娘さん

    久し振りですね、元気でやってますか?

    僕は普通はもう毎日定時退社万歳っていうかむしろ会社なんか休める時はガンガン休むクチなのですが、残業したい時にはさせて欲しいのですよ。ノリっていうか波っていうか、そういうのは自分では制御出来無いですしね、ゾーンに入っている時はそれを止めたく無いのよねー。

    とかなんとか言いながらですね、4月位からずーっと忙しくて残業しまくってます。こういう「仕事が多過ぎて終わんないから残業」は嫌いです (^_^;;

  4. >芋娘さん

    >欧米じゃ、ふつうに家で夕飯食べられてるんですよねえ…

    欧は良く知りませんが、米国人なんて死ぬ程働いているイメージ有ります。

    米では家で夕飯食べてからまた仕事する (家に仕事持って帰っているか、または夕飯だけ家で食べてまた会社に戻る) という方も (全部じゃないけど) 大勢いらっしゃる、つまり夕飯に限って言えば、家族で夕食を摂る事をとても大切にしている、という事なのでは?と僕は理解しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です