Ubuntu と、 PPPoE と、無線 LAN と

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
前回カミさんが彼の国へ行った際は Linux PC を持って行ったのですが、アチラではコンピュータウィルスが「ウヨウヨ」しているらしく、周囲の Windows 使いが感染しまくる中 Linux PC は無傷だったそうです。今回は就職するという事で Word が使えないと困る事が多く (Linux + OpenOffice.org でも頑張ったのですが、どうしてもレイアウトが崩れてしまいまして、書類書けなかったのですよ) 。仕方が無いので安い Windows PC を新たに購入しまして、それを持って行く事にしました。

とは言え平時は Linux で何も問題が無いばかりか至極安全という事情もあるので、 Ubuntu 10.04 LTS とのデュアルブート仕様にして持たせました。面白い事に、カミさん的には Linux の方が気に入っているそうです。曰く、 Windows の GUI はカタいというか、無味乾燥なのだとか。僕は Windows はコンソールが使い難いから困るなあ…、という程度なのですが、この辺りの GUI に関する感受性なんかは女性的で、僕等技術屋にはとても参考になる意見ですね。

さてさて、ここで問題が。アチラでは PPPoE 接続となる様なのですが、 Windows と Ubuntu とで別々に設定するのも面倒 (主に設定方法を説明する僕が) 。そこで今回は MZK-MF300N (→このへん) なる廉価にて超小型な無線 LAN ルータを持たせました (安くて小さくて、これ良いよホント) 。予め日本で PC と無線 LAN ルータ間の設定だけ済ませておき、アチラで PPPoE アカウントを貰った後は無線 LAN ルータの設定だけすれば OK 、という様にしておきました。

アチラと言えば「暗号化規制」。無線の暗号化とか使って良いの ? 等と心配して百度で調べてみたのですが (→このへん) 、国内で使っちゃ駄目みたいな事は書いて無い様なので WPA2 を使う様にしてしまいました。大丈夫ですかねえ、何か怒られたら自力で設定変えて下さい>妻

そんなこんなで先程、アチラへ到着したカミさんから連絡が来たのですが、どうも設定に失敗して有線で接続したとの事。しかしスカイプで話しながら 30 分位トラブルシュートしたら、無事無線で繋がる様になりました。良かった、良かった。

なんと言いますか…ほら、何だ、あれだ、手前味噌ですけどね、ウチのカミさんの PC 使いこなし能力は、そんじょそこらの新人プログラマ以上になっていると思いますね。これであとちょっとだけ何かスクリプト言語でも覚えちゃえば、アチラではもう技術者になれるレベルだと思うのですが…。もしそんな事になるのなら、夫が組み込み技術屋なので、是非 web 系攻めて欲しいですね。そしたら老後も安心、鬼に金棒だな。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です