台湾師範大学 (師大) への留学申し込み

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
台湾へ語学留学するにあたり、自分で留学の手配をする事にしました。色々と場所を探したのですが、結局ごくごく一般的な台湾師範大学 (師大) の国語教学中心 (→このへん) に決めました。もともと師大は嫌だったんですが (日本人がうようよ居るから) 、当初の目的を考えれば台湾へは職を探しに行くわけで、妙な片田舎に行っちゃうとソフトウエア設計の会社なんて無いじゃない ? と思うに至り決断しました。日本人うようよの件は、ルームシェアしたり、学生寮をうまく選ぶ事で解決しようと思います 🙂

さて、入学の申請に必要な物は… (→申請条件と書類)
  • 申請書 (印刷して記入、顔写真貼り付け必要)
  • 大学の卒業証明書 (師大なら日本語の証明書でも OK)
  • 預金の残高証明 (2500 米ドル相当以上の残高が必要)
  • 旅券のコピー
申請書はダウンロード後に印刷しなくちゃいけないので、印刷環境が無い人はちょっと注意ですね。それと卒業証明書の発行に 1 週間程度 (我が母校の場合) 、また残高証明の発行にも 10 日程掛かる (三井住友の場合) ので、段取り考えないと無駄に時間を消費しがち。

さてこれらをまとめたら、あとは事務室へ郵送するだけです。びびりな僕は EMS を使い、配達記録が追跡できる様にしました (でも料金は 900 円もしました…) 。東京の外れの出張先から投函しましたが、大体中 1 日で現地へ届いた様です。そこから大体 8 日程度で書類を作ってくれて、航空便で入学許可書を送ってくれました。結局、申請書類の投函から入学許可書を得る迄、凡そ 2 週間強掛かった事になります。





入学許可書には、履修登録の場所と日時、オリエンテーションの日時、最初の授業の日時、学費などが英語で記述してありました。入学許可書の入手後、査証が申請できる様になります (→語学研修査証 (ビザ) の取り方) 。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です