語学研修査証 (ビザ) の取り方

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
本日は、白金台にある台北駐日經濟文化代表處へ行き、ビザ申請の手続きをして来ました。

地下鉄南北線「白金台」出口 1 から歩いて 5 分
必要な物は…
  • 旅券 (有効期限迄 6 箇月以上残っているもの)
  • カラーの顔写真 (4cm x 5cm の物を 2 枚)
  • 往復航空券 (E-Ticket を印刷した物で OK)
  • 入学許可書 (原本とコピー 1 通づつ、但し原本は返却してくれます)
  • 留学費用証明 (銀行口座の残高証明書)
  • 申請費用 (今回は丁度 9,000 円でした)
他にも、事前に調べて用意しておくと良い内容があったり…
  • 渡台予定日 (飛行機の往路便と同じにした)
  • 帰国予定日 (1 年留学の予定なので、一応 365 日後にした)
  • 留学先の住所、電話番号 (入学許可書の封筒を持って行っていたので、そこに書いてあった内容を転記した)
  • 滞在先の住所、電話番号 (仮で良い。僕の場合は取り敢えず有名所 (→台北國際學舍) を書いておいた)
  • 現地の知人の住所、電話番号 (もし知り合いが居ない場合は、留学先の事務所で良い)
留学費用の証明、残高が幾ら必要なのかは良く分かりませんでしたので、適当にお金が入っている口座を使って、「ダメならまたやり直せば良いやー」位の気持ちで挑みました。それと残高証明は、英文且つ米ドル併記の物を提出しましたが、これらが必須要件かどうかは良く知りません。さて参考迄に、師大の入学申請時要件では 1 学期 (3 箇月) で「最低 2,500 米ドル」 (20 万円強、→このへん) 、同じく師大の資料の中にあった居留証への切り替え時には「 80,000 NTD 以上」 (25 万円弱、→このへん) 、とありました。という事は、 1 年なら 80,000 NTD x 4 箇月 = 320,000 (100 万円弱) くらいなんですかねえ ? 不安な向きは、旅券担当の方へ電話して直接確認してみて下さい。

後は、窓口横にある申請書に記入して、担当さんへ提出すれば OK 。僕の場合は不備を指摘され何度か修正をしましたが、訂正箇所に訂正印を押す訳でも無く、打ち消し線引いてその下にくちゃくちゃっと書き直しただけで受理して貰いました。その後、別窓口で申請費用払ってこの日はおしまい。翌日にはもう出来るので受け取りに行き、ビザの件はこれで終了。ビザには「渡台の翌日から 90 日間有効」みたいな記述があり、留学を続ける場合は現地にて延長手続きをすれば良い様です。気を付けないと…。

台北駐日經濟文化代表處
今回の手続きにあたり、運良く担当の方が大変優しくて、色々教えて下さいましてね、結構簡単でしたよ。あーでも今気が付いたのですが、留学先の住所、ちょっとだけ間違ってたな…。何も言われなかったから大丈夫なんでしょう、きっと。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です