芝山巖

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
今日は前々から是非行きたいと思っていた、芝山巖 (芝山公園) という所へ、一緒のクラスの方と、一緒の宿舎の方と 3 人で行ってきました。僕以外は本物の台湾史研究者の方々で、一緒に回りながら色々と勉強もさせて頂きました。

さて、ここの詳しい説明はこちらをご覧頂くとして… (→六氏先生@Wikipedia) 、公園自体はハイキングコースとして整備されており、最短 1 時間程度で巡る事ができる程度の広さ、木々の中を涼しく散歩でき良い所です。捷運淡水線芝山站から歩いて 10 分位の所にあります。

惠濟宮の入口、所謂表門です。

こちらも入口だけども、どっちかというと裏門。

學務官僚遭難之碑。これは元のものではなく、修復して再設置した物だそうです。

六氏先生之墓。これは士林小学校の有志が建てた物だそうです。

今日は暖かったせいか沢山のリスを目撃。デカい。小柄な猫くらいある。

途中休憩がてら止まって街の風景を見下ろしていたら、そばで体操をしていたお爺さんに日本語で話し掛けられまして、公園の中にある日本由来の建物の話を伺う事ができました。いつも思うのですが、日本語世代の方が話す日本語はとても綺麗です。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です