台湾で使われている中国語の特徴

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
同じ北京語でも、大陸で使われている北京語と、台湾で使われている北京語 (臺灣國語) には、微妙な違いがあるというのはよく言われている通り。その実、日本では中国語と言えば大陸の北京語が殆んどでして、臺灣國語は学ぼうと思ってもなかなか難しいものがあります (というか僕がそうでした) 。

ここ数日連休だったせいもあり、その事を思い出してネットを探してみました。いやー、やっと見つけましたよ。これです。


この説明を読んでからは、これで「看不到說…」、「你說真氣人!」、「有看你的 blog 」、「會不會辣?」なんかが理解できる様になりました。見出しだけですが引用 :

台灣國語的特色-句法篇

1. 「有」變成助動詞
2. 「說」變成補語標記詞(complementiser)/句末語氣詞
3. 「給」變成特殊介詞
4. 「在」變成進行態標記(progressive marker)
5. 「用」變成助詞
6. 「會」變成助動詞:不會
7. 「不行」變成助動詞
8. 「不錯」變成助動詞
9. 「V看看」成為動詞重疊形式
10. 「來去」變成雙助動詞

台灣國語的特色-詞彙與句法より見出し引用

邦訳して公開できれば良いなと思っていますが、如何せんまだ実力が…。精進します。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です