別れの季節

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
学期は 3 ヶ月毎なので、その都度クラス替えがあり、このタイミングで、残る人、帰国する人、別の場所へ行く人、皆さん様々な進路へ進みます。最初、皆さんとは何気無く知り合うのでそんなに強い印象は無いのですが、親交を深めた後の別れとなると寂しいものです。それまでの時間を共に過ごした方々ですからね。

この時期は送別会も多くなりまして、有り難い事に僕も誘って頂けるのですが、参加する会と、参加しない会があります。前者、今後もまた会う機会がありそうな方の場合は参加します。そういうのは送別会というよりは壮行会、その方を応援する気持ちが強く、またどうせ近い内に再会できそうだし、寂しくは無いんですね。一方後者、これで本当に会うのは最後になってしまいそうな相手の送別会は断わっています。それは決定的に最後であり、もう本当に会えなそうであり、從って有耶無耶にしておきたい気持が働くのです。

そんな事を考えていたら、以前会社でリストラやレイオフの嵐が吹き荒れた時、同僚達の送別会でしこたま酒を飲み、帰りしなに自宅近所のラーメン屋で深夜ひとり、情けない話ですがぼろぼろ泣き乍らラーメンすすった事を思い出しました。あれはこう、勿論寂しさというのも大きかったのですが、それと共に怒りの涙でもありました。日本で仕事を続けて行く意味、仕事の本質的な意義、等を見直した時期でもあります。

学期毎にやってくるこの別れの時期もまた、その間に知り合った方々と自分との関わり合いや、それぞれの将来について色々と思いを巡らせるわけでして、こちらもやはり自分自身を見直す時期であると言えましょう。

まあ難しい事はさておき、今日は耳毛でも抜こうかと思います。

細野晴臣 – 終わりの季節

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です