2012 年,新年快樂!

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
あけましておめでとうございます ! 台湾の正月は、陰暦の旧正月なのです。

さて先日、カミさんに付いて本屋へ行った折に、「上から目線の時代」 (→Amazon) という本を見つけて、「買ってー! 買ってー! 」、で買って貰いました。

本はまだチラ読みなのですが、この「上から目線」というテーマには以前から興味がありまして、僕としてはこの概念自体が難しいものの一つです。つまり何人たりとも「俺に上から物を言うとは何たる事か」とう事なのかしら。それでいて、上があるなら下があるわけでして、下から物を言われる分には殆ど文句が出ないのは何故かしら。…等という事を考えると眠くなってしまい、また実際に寝てしまうので、いつまで経っても思考がまとまらないでいます。

人から叱られるとか、体験談を語られるというのは、内容に道理があれば僕にとってはそれほど苦痛では無いのですけれども、例えばウチの父なんかは、例え内容に道理があっても気に障るみたいですね。やれ他人から叱られる筋合いは無いだとか、自慢聞いてる時間は苦痛だとか。僕はこれを「加齢による頑固さ」だと名付けて静観していて、またこれが「上から目線」の説明になるのかなと期待してはいるのですけれども、しかし老若男女が須く「上から目線」という言葉を使うからには、どうやら「加齢による頑固さ」だけでは不足がありそうです。

それで別の視点、「何故僕はそういう事に平気なのだろうか」、つまり、あまり「上から目線」と感じずに済んでいるのだろうかを考えている最中なのですが、最近ふとした事から、皆さんは比較的、自分へのこだわりが強そうだという事には気がつきました。結構大勢の方々は自分にこだわりがあって、そのこだわりを守って生活している。対称的に、適当人間である僕にはこだわりはあまり無くて、面白そう or 良さそうな事があればホイホイ付いていっちゃうし、考え方も、身のふり方も、はたまた住む国までも、「そうか」と合点すればあっさり変えてしまう。

ところでこだわりとは何か、それは自分へのルールと言って差し支え無いでしょう。そしてルールを守っている者にとっては、ルールを壊される事は気持ちが悪いに違いない。例えば、皆んなが整列乗車している所へ割り込んできた人があれば、そりゃちょっとムカっと来ますよね、あれと同じかなという。この割り込み事例は社会的なルール (道徳?) への違反行為ですけれども、こだわりは、それよりかは個人的な大きさでしょう。

こだわりなんてのは相当昔からあった筈なんでしょうが、村社会の崩壊や核家族化によって価値観の多様化が起こり、それは個々人のこだわりを (一部でも) 共有できる人達の「人数」を減らす方向に作用したのでは無かろうか。また、以前なら社会のルールを軽く破れば「変わり者」大きく破れば「村八分者」となったところが、こだわりの場合はそこまで酷くなくて一緒くたに「上から目線」って言葉で攻めたてる事になっているのでは無かろうか。

例えばある人物 A が居たとして、その他大勢である B 群から「上から目線だ」と言われた場合、その B 群の中で共有しているのは「 A が上から目線である」という部分、つまり「あいつは俺達のこだわりに対する破壊者だ」という一点だけであって、しかしその実、 B 群内の個々人では考え方や価値観の共有、共感などは殆どないし、期待されてもないし、またするつもり無いという事なのでしょうか。もしそうだとすれば、「俺達」という言葉の用法も変化していて、以前の用法に比べると一時的な意味合いが強い場合にでも、例えば偶然居合わせた者同士へでも気軽に「俺達」と言える様になってきているのでしょうか。且つその一方で、価値観の共有や共感の度合いが低い事に注目すれば、「俺達」に含まれている筈の「俺」は、実は「他とは違うんだぜ」という優越感を内に秘めている様にも思えます。

なんだかね、また眠くなってきました。長々と掛きましたが、簡単に 5 文字で言えば、「猫飼いたい」という事です。今年もどうぞ、何卒ご贔屓に。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

2件のコメント

  1. 國分桑~新年快樂~我是施啦
    最近過的還好嗎?
    我前幾天有夢到你說~
    夢到你去當節目的導遊介紹台灣耶
    你要變成瀨上剛了XD(笑

    隨時歡迎你和太太來桃園玩唷^^
    再聯絡我~知道我手機吧?

  2. 歐歐歐~,施さん!!好久不見!
    我還是老樣子,每天上班,每天加班,唉…。
    我當導遊嗎?也有可能,去鄉下吃當地小吃
    (像蜘蛛、蜈蚣這類的)以後喊
    「我的媽呀!真好吃!」這樣子。

    對啊,我們還沒有去桃園玩,有什麼好地方嗎?
    我知道的你的號碼是 09xxxxxxx47 對吧?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です