Ubuntu へ Oracle Java を手動でインストールする

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
JDK は Oracle からダウンロード (→リンク) 。使っているマシンのアーキテクチャに適したファイルを選ぶこと。
  • jdk-7u?-linux-i586.tar.gz (32bit)
  • jdk-7u?-linux-x64.tar.gz (64bit)
これ以降は、 32 bit 版 JDK 1.7.9 (jdk-7u9-linux-i586) を例に進める。まずは、ダウンロードしたファイルを展開してシステム内へ配置する。

$ cd ~/tmp
$ tar -xvf jdk-7u9-linux-i586.tar.gz
$ sudo cp -a ./jdk1.7.0_09 /usr/lib/jvm
$ sudo chown -R root:root /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09

次に、システムの Java を切り替え可能とするために、手動で Alternatives 項目を登録する。この操作の詳細は以前の記事 (→このへん) も参照。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/java    java    /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/java 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/javac 1
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javaws javaws /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/javaws 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/jar 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javadoc javadoc /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/javadoc 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javap javap /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/javap 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/javah javah /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/javah 1
# $ sudo update-alternatives --install /usr/bin/jdb jdb /usr/lib/jvm/jdk1.7.0_09/bin/jdb 1

そして、今登録したばかりの Alternatives を手動で切り替える。

$ sudo update-alternatives --config java
$ sudo update-alternatives --config javac
$ sudo update-alternatives --config javaws
$ sudo update-alternatives --config jar
$ sudo update-alternatives --config javadoc
$ sudo update-alternatives --config javap
$ sudo update-alternatives --config javah
$ sudo update-alternatives --config jdb

切り替えが成功したかは、こんな風に確認できる。

$ java -version
java version "1.7.0_09"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_09-b05)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 23.5-b02, mixed mode)

References
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です