How to install Ubuntu 12.04.2 LTS (Precise) into the ASUS X401A1 – UEFI とか

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
ASUS のノート PC である X401A1 (→ web) を 13000 NTD で購入。型番が X401A じゃなくて X401A1 になっているのは、多分 Windows 8 プリインストールモデルだからでしょう。

結論から言えば Windows 8 を残しつつ Ubuntu とのデュアルブート構成にすることができましたが、今回始めて UEFI 機を買ったせいもあり当初は素直にインストールが成功せず (何やっても頑に Windows が起動する) 、だいぶ悩みました。

UEFI + Windows 8 プリインストール機へ Ubuntu をインストールするにあたり重要な情報源は

  • → (1)ココ (特に「Installing Ubuntu Quickly and Easily via Trial and Error」の内容)
  • → (2)ココ
です。実際の手順。


手順 1
下準備として Ubuntu 12.04.02 のイメージをダウンロードして (→ココ) 、起動用の USB メモリを作っておきます (→作り方) 。 Ubuntu は 12.04.02 以降でないとインストーラーが UEFI に対応していないようです。

手順 2
F2 キーを押しながら本体電源 ON 。

手順 3
Boot タブの 「 Fast Boot 」項目を Disabled へ設定します。
Fast Boot の項目は Disabled へ変更
手順 4
Security タブの「 Secure Boot Control 」項目を Disabled へ設定します。
Secure Boot Control は Disabled へ変更
手順 5
設定を保存して一旦本体電源 OFF 。

手順 6
Esc キーを押しながら本体電源 ON しブートセレクタ起動。

手順 7
「 UEFI: 」で始まっている、 Live USB イメージを書き込んだ USB メモリを選択して起動。
ブートセレクタでは UEFI 対応のイメージを選択して起動
手順 8
通常の手順で Ubuntu をインストールすれば OK 。今回 ASUS X401A1 購入直後 Windows 8 では D: ドライブが空っぽだったので、それに相当するパーティションを一旦削除し、そこへ改めて ext4 ファイルシステムを作って Ubuntu を入れました。

手順 9
偉大な先人の記事 (→ココや→ココ) を参考に、 Windows 8 の Fastboot 機能を無効化。これは Windows 8 利用後 (Hibernate による擬似的なものでなく) 本当に Shutdown させる事で、次回本体電源 ON 時確実に grub が走ることを狙った措置で、本質的なものではありません。

注意点
Ubuntu インストールが終わった段階では BIOS の boot 順序設定が変更されていて、次回以降の PC 起動時には見慣れた grub メニューが現れるようになります。しかしここで単に Windows 8 を選んでも起動に失敗します。前述の 手順 6 の方法で本体電源 ON すれば容易に回避できるので、僕はあまり気にしていません。

REFERENCES
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.

台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です