bash をクロスコンパイルしてみる

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
bash を ARM 環境用にクロスコンパイルした時のサンプル。

(1) ソースとパッチをダウンロードする

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/bash/bash-4.2.tar.gz
wget -r -np http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/bash/bash-4.2-patches/

(2) 複数のパッチをまとめる

find ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/bash/bash-4.2-patches -name "bash42-???" | sort | xargs cat > all-patches.txt

(3) ソースを展開してパッチを当てる

tar xvf bash-4.2.tar.gz
cd bash-4.2
patch -p0 -N < ../all-patches.txt

(4) 環境変数を調整

cross_host=arm-linux-gnueabi
tcdir=/opt/toolchain/${cross_host}
tcbindir=${tcdir}/bin

export PATH=${tcbindir}:${PATH}
export CFLAGS="--sysroot=${tcdir}"
export LDFLAGS="--sysroot=${tcdir}"

(5) configure 、 make 、インストール

./configure --host=${cross_host}
make
make DESTDIR=/path/to/your/dir install
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です