早ければ早いほど良い、だから計画は立てない…ん?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
「早ければ早いほど良い」等と言って期限を決めずに物事を進めるのって、台湾人がこういうの大好きなんだけど、僕には案外疲れるんだよね。優先順位付けやトリアージができないし、四六時中気が抜けないというか…。

結局のところ、これはつまり、台湾人は計画を立てるのが苦手だという事だと思ってる。そもそも時間にはあまりうるさくない国民性なんだとか、初等〜中等教育の内容が違うとか、理由は色々とあるんだろう。

台湾で、外部に何かを要求するとき、特に必ずやりとげて欲しいときは「行程表」なるものを要求する事があるんだけど、それは「こっちはみんなが苦手な事を知ってて、それをお前に頼むぐらい本気なんだぜ」っていうアピールなんだと思ってる。後日行程表にズレが出てもあんまり問題にならないことからも、この推測はわりと的外れでは無かろう

そんなのに真面目につきあっていたら、前職では体を壊した。今の会社では定時内はせいぜい気張って (仕方無い) 、でも定時であっさり退社してる。転職で月給は10万円ぐらい下がったけど、健康の方が大事だと思うの。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です