Raspberry Pi B+ をジュークボックス化 3 (Volumio)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
前回 (→ Raspberry Pi B+ をジュークボックス化 2 (Volumio) ) の続き。 Volumio は起動時に有線 LAN の IP アドレスが取得し終わるまで待つので、有線 LAN 未接続の状態では UART0 からのシリアルコンソールログインができない、だから有線 LAN の eth0 に static IP を割り当ててごまかした、ということを書いた。

ですが。現代は有線 LAN の線を自宅にうねうね這わす時代ではない。我が家だって全面 Wi-Fi である。 Wi-Fi 接続で使えるようにしましょうよ、というのが今回。がらくた箱の中に偶然 TOTO-Link N150USB (→ Link) というの USB 接続の極小 Wi-Fi dongle があったのでこれを使う。中身は RTL8188CUS であるようだ。

$ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 004: ID 0bda:8176 Realtek Semiconductor Corp. RTL8188CUS 802.11n WLAN Adapter

だけれども、ダウンロードしたままの Volumio Ver. 1.55 の dd イメージそのままでは RTL8188CUS に合うドライバが無いようで wlan0 が出てこない。 Raspberry Pi B+ 実機上で試しに apt-get update && apt-get upgrade としアップデートしたら使えるようになった

$ sudo -s
# apt-get update
# apt-get upgrade

アップデートが終わって実機を再起動したあと RTL8188CUS の Wi-Fi dongle を挿せば無事 wlan0 を認識する。

次は wpa_supplicant の設定。これはもうセオリー通りに。
  • (1) wpa_passphrase で暗号化した状態のパスワードを作っておく
  • (2) /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を作って編集
  • (3) /etc/network/interfaces へ wlan0 の項目を追加
今回 Wi-Fi AP 側の設定は以下の通り。
  • SSID: ssid_name
  • Password: password
  • Security: WPA2-PSK
  • Encription: TKIP
順にやってみる。まずは wpa_passphrase コマンドを使って暗号化したパスワードを作る。

$ wpa_passphrase ssid_name password
network={
    ssid="ssid_name"
    #psk="password"
    psk=16c384515e2eb5bad36a7bd4057ffd7987f9ee248c2a9c44c16bcf74077abc51
}

次に /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を作って編集する。内容はこんな感じ。 network のブロックは wpa_passphrase で作ったものを元にして、いくつかの設定値を追加すればよい。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="ssid_name"
        psk=16c384515e2eb5bad36a7bd4057ffd7987f9ee248c2a9c44c16bcf74077abc51
        proto=WPA WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP TKIP
        group=CCMP TKIP
}


そして /etc/network/interfaces に wlan0 の項目を以下のように追加。

--- interfaces.ORG    2015-11-21 15:38:25.552999493 +0800
+++ interfaces    2015-11-21 15:38:34.660999462 +0800
@@ -6,3 +6,8 @@
  address 192.168.189.120
  netmask 255.255.255.0
  gateway 192.168.189.1
+
+auto wlan0
+allow-hotplug wlan0
+iface wlan0 inet dhcp
+ wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ここまでやったらネットワークを再起動して、 wlan0 が Wi-Fi AP と接続できれば OK 。

$ sudo /etc/init.d/networking restart

Wi-Fi AP 経由で他のデバイスからブラウザで Raspberry Pi B+ をアクセスすれば、 Volumio が見えるはず。

PC のブラウザから Wi-Fi で Raspberr Pi B+ 上の Volumio をアクセスした例

次回はこの Wi-Fi dongle を使って実機上で SoftAP を走らせ、 Wi-Fi の AP を不要にしてみる (→ Raspberry Pi B+ をジュークボックス化 4 (Volumio) ) 。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です