Markdown で書いて HTML に出す (pandoc)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
色々な Wiki を使っていたので (今でも自分用に MoinMoin Wiki は使ってる) 、 Markdown のような書式記法には既に親しんでおり、今回は Markdown で書いたテキストファイルを pandoc コマンドで HTML 化したい。

画像の埋め込みは Markdown ではこんな感じに書く。

![キャプション](画像のアドレス マウスオーバー時の文字列)

この時、「 ] 」と「 ( 」の間にスペースを入れるとうまく出ない (これにハマったので) 。また画像のアドレスはディスク上のものでも (E.g. /path/to/your/image.png)  HTTP でアクセスできるものでも (E.g. http://path.domain/image.png) どちらも受付可、そして相対アドレスも可 (E.g. relative/path/to/image.png) 。

次、 Markdown の中に TeX 形式で数式を書いておけば、 HTML 化すると大変キレイに見える。書き方はこんなふうに (Wiki Pedia の Mathematical Markup Language  の例から引用) 。

$$x = frac{-b pm sqrt{b^2 - 4ac}}{2a}$$

ここで数式を 1 つのダラー (E.G. $数式$) で囲むとインライン展開、 2 つダラー (E.G. $$数式$$) で囲むと独立行に展開される。

他の Markdown 書式は各種サイトをあたって欲しい。難しくないから。

最後に pandoc のコマンドラインについて。 Markdown の入力ファイルを INPUT.md 、 HTML の出力ファイルを OUTPUT.html とすれば、だいたい以下のようになる。

pandoc -t html5 --standalone --self-contained --mathml INPUT.md -o OUTPUT.html

出力タイプ指定の「 -t html5 」は好みで。数学記法のサポートは「 –mathml 」で追加している。「 –self-contained 」を指定すると画像ファイルを HTMLソースに取り込んでくれるので配布が簡単になる (当然その分サイズが増加する) 。
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です