秋月 USB オーディオ基盤の改造 (1)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail


この前日本に一時帰国したおりに 600 円で買ってきた秋月の USB オーディオ基盤 (→
10W+10WステレオD級アンプモジュール(USBI/F付き) ) を使ってみるシリーズ。

第一段はまず USB DAC として Line out (ステレオミニジャック) から音声を出そうと思う。偉大なる先人の分析によれば、 

  • 5V -> 12V の昇圧 IC ラインを切って TA1101B への 12V 給電を止めてしまう
  • そして USB のバスパワー 5V を直接 UAC3352A へ給電してやれば良い

ということで。意外にも手間取ったのは USB D+/D- のハンダ付け。持っていた USB ケーブルが単芯線で固く、ハンダ付けしても簡単にランドからもげちゃうんですね。なので最後の 2cm くらいだけ UEW で結線。


……というか大事な大事な裏面を写真に撮るの忘れてしまった。

作業を終えて PC に挿してみたのだけれども、どうやらデバイスは認識するも音が出せず。そばに居た Mr.Friday が Windows PC に挿して試してくれたら音が出ました。 Ubuntu Xenial ではどうやらドライバが対応していないようす。

そして偉大な先人の意見にもありましたが、アンプを通らない Line out は本当に音が小さい。そしてそんなに良い音でもない。なので USB DAC としての利用はナシにして、 TA1101B のアンプとして利用することに方向転換したい。

(→次回へ)

参考

USBヘッドフォーンアンプを作ってみる


Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です