秋月 USB オーディオ基盤の改造 (5)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail

この前日本に一時帰国したおりに 600 円で買ってきた秋月の USB オーディオ基盤 (→
10W+10WステレオD級アンプモジュール(USBI/F付き) ) を使ってみるシリーズの第五弾。

前回は音を出したんだけれども危うく iPod nano を壊すところだったところまで。 600 円で買ったモジュールのために 17800 円をダメにするところだった。今回は、ライン入力部分の処理をする。

2016-Jul-2 追記 : 実は L/R ラインを抵抗を通してグラウンドに落とさなくても良かった。先日 (→ 2016-Jun-9 参照) の iPod nano を壊しそうになった原因は、AGND を GND へと間違って繋いでいたからだった (-_-;; なので、図中の GND へ落とす R は不要。



自信が無いのでブレッドボードの上で一通り回路を組んでみた。

 


とりあえず配線が長すぎたり、カーボン抵抗だったり、部品がよくない気はするが、今度は iPod も壊れずに行けそうだ。方向は合っているということだろう。ここにボリウムを付ければ音の大きさも変えられるはず。

次回以降、キレイに仕上げることを考えていこうと思う。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.

台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です