3D プリンタへの入力ファイル X3G 生成への道 (2)

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail

前回 (→このへん) 『Wine で Windows 版を使おうかとも模索したのですが失敗した』などと書いたのですが、エラーログを見ていたらやりようを発見したので、とりあえずしばらくは Wine + Windows 版 Makerware の方向で進めてみることにします。

Wine 上で Windows 版 Makerware の実行に失敗する理由は、 Conveyor というサービスが走っていないからのようでした。これをどうにかして走らせれば良いようです。

まずインストール手順は以下のように:

  • sudo apt-get  install wine
    • 今回 Ubuntu Xenial ですが wine1.6 が入りました
  • MakerBot のページ (→ここ) から Windows XP 版の Makerware をダウンロード
    • 今回は MakerWare_Bundle_of_Awesome_2.2.2.89_BETA_Install.exe (→直リンク) というのを入手
  • wine MakerWare_Bundle_of_Awesome_2.2.2.89_BETA_Install.exe
    •  途中で出てくるドライバのインストールはキャンセルしちゃう
    •  インストール後のテストに失敗した、的な事を言われるが気にしない
    •  インストーラーは失敗で終了するが、関連ファイルはきちんと入ってる
      • 場所 : ~/.wine/drive_c/Program Files (x86)/MakerBot/

Makerware の起動手順は以下の通り:

  • cd ~/.wine/drive_c/Program Files (x86)/MakerBot/MakerWare
  • wineconsole cmd
    • コンソールが開いたら、その中で restart.bat を使い Conveyor サービスを走らせる
  • wine ./makerware.exe

これで Makerware が使えました。無事 STL から X3G を生成できました……が、まだ実際には使っていません。

注意点ですが、二回目以降の Conveyor サービス起動に失敗する場合、ディレクトリに残っている conveyord.pid ファイルを消してからもう一度挑めば良いようです。

とりあえず今回はここまで。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です