HWE (Hardware Enablement) カーネルを使う

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail

身の回りの PC はすっかり Ubuntu 16.04 Xenial LTS 化してある。デフォルトの Xenial ではカーネルバージョンが 4.4 であるが、カーネルだけ (その他の構成部分は不変) を最新の Ubuntu のバージョンへ追従できる。これを HWE (Hardware Enablement) カーネルと呼ぶらしい。

そういう素敵なものはどんどん使っていきたい。 Xenial で調べると以下の 2 種類のパッケージがスタンバっている。好き方を選んで apt-get install すればいい。

$ apt-cache search linux-generic-hwe
linux-generic-hwe-16.04 - Complete Generic Linux kernel and headers
linux-generic-hwe-16.04-edge - Complete Generic Linux kernel and headers
  • linux-generic-hwe-16.04 : 安定版の HWE カーネル
  • linux-generic-hwe-16.04-edge : 開発版の HWE カーネル

……どんどん使っていきたい、などと言ったくせに、今回は保守的にも安定版を採用することにした。

参考リンク:

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.

台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です