The Maker’s Manual という本を読んだ

Facebooktwittergoogle_plustumblrmail

先日一時帰国したおりに、出先の本屋で売っていた「 The Maker’s Manual / フィジカルコンピューティングのための実践ガイドブック」 (→ Amazon はこちら) というのを読んだ。

悪いところから触れる。とにかく編集が雑 (例えば同じことがらを表す用語が統一されていない) 、日本語の言い回しがおかしい (元の英文が変なのか邦訳が悪いのかは不明) 、引用しているプログラムに明らかなバグがある (GitHub からダウンロードする向きには沒問題か?) など、残念な点が少なくない。

技術的な背景の全くない御仁がこの本を読んで「よぉしパパこれから Maker になっちゃうぞ」的なスタートは無理だろう。そうではなく、技術的背景のある人が Maker になる (Maker であると言いはる) 為に必要なことがらについて、網羅的に浅く広く触れられている、そういう本だ。

個人的に好きな内容は以下の 4 つ:

  • (1) OpenSCAD – スクリプトで記述する 3D CAD (→ openscad.org)
  • (2) Raspi の /sys/class/gpio の使い方
  • (3) Raspi の Python から tty
  • (4) Processing – 一種のスクリプト環境 (→ processing.org)
Facebooktwittergoogle_plustumblrmail
Yusuke Dada K.
Yusuke Dada K.
台湾の現地企業で主に組み込みソフトウエアの研究開発をしている日本人です。我人是個日本人,負責軟體的研究開發。在臺灣的科技公司工作。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です